ウィッグのシャンプーの方法

ウィッグのシャンプーの方法

ウィッグ用のシャンプーもありますが、特に特別な素材で作られていて、注意書きなどがなければ、普通のリンスインシャンプーでもかまわないです。

ワックスとかでべとべとしている場合は、まずシャンプーだけのものをつかって、それからすすいでリンスがいいです。

そんなに汚れていなければ、リンスインシャンプーか柔軟剤でいいでしょう。

塗る間にだけでもほこりなどはおちますから、余計な油分を落したい場合でなければ柔軟剤だけでいいでしょう。

セックスなど手固まっている場合は除いて、ブラッシングをしてか、つけおき洗いです。

40度未満のお湯に、柔軟剤をとかして、そこに、ウィッグを数分つけておきます。

その後押し洗いして、水ですすぎます。

絡んでしまうので、また傷んでしまうので、もみ洗いはさけます。

すすいだら、たおるの上において、たたいて水分をとります。

水がたれない程度まで水分がとれたら、スタンドなどにのせて日陰干しします。

乾燥するまで、タオルの上においていたはいけません、ぱさぱさになってもちあげたときに絡んでしまうと思います。

どうしても急ぐときは、耐熱用のウィッグならば、40センチ以上はなしてドライヤーで乾かすといいでしょう。

ウィッグのシャンプーの方法関連ページ

ウィッグの前髪がそろいすぎで気になったらすくといい
前髪ぱっつんのウィッグは自分でカットするのがおすすすめ
ウィッグが届いたときの確認とお手入れ
ウィッグが自宅に届いたときに確認しておきたいことと、その後のお手入れについて
ウィッグ購入といっしょに揃えておきたいもの
ウィッグだけでなくウィッグファッションを楽しむために欠かせないアイテムは最初から一緒に揃えておこう
姫カットならば、前髪ウィッグで
ちょっと幼く可愛い決めたい人のための姫カットウィッグは前髪ウイッグを用意するといいです。
ウィッグのメンテナンス
ウィッグを長く使うために欠かせないメンテナンスについて知っておきましょう
ウィッグセミロングでポニーテールを作るには、バンスがいいらしい
バンスとセミロングウィッグを使えばポニーテールも上手に館多端にできるようになると思います。
ウィッグに負けないまつげにする
ウィッグにまつげが負けていたらちょっと台無し。だからマツエクするか、まつげ美容液でまつげを太く長く伸ばすとかして、ウィッグに負けない様にした方がいいのです。