ウィッグでポニーテールを作る

ウィッグセミロングでポニーテールを作るには、バンスがいいらしい

セミロングぐらいのボリュウムのウィッグだと、もりもりのポニーテールを作るのはちょっと無理がありそうですね。

そこで、利用したいのが、バンスです。

35センチ?45センチぐらいのセミロングでしたら、後ろに結い上げて、

そこに、バンスをはさみこめば、簡単にポニーテールがつくれるでしょう。

もう、セミロングとして使わないのだったら、頭頂部だけまとめて、後背部の残った毛は短めにカットしてしまってもいいかもしれません。

まとめて束ねた髪に、バンスを挟んだだけでは、ボリュウムが足りない、もっと欲しいという場合は、

セミロングの束ねた髪を真上に持ち上げたままで、バンスを逆さにして、束ねた髪のしたに挟んで、その上に、束ねたセミロングのウィッグを垂らすという方法がいいと思います。

パンスにも色々な長さがありますし、セミロングの色合いと同じものという前提がありますが、カットせずに作れれば、セミロングと、ポニーテールが安いコストで楽しめると思います。

ウィッグセミロングでポニーテールを作るには、バンスがいいらしい関連ページ

ウィッグの前髪がそろいすぎで気になったらすくといい
前髪ぱっつんのウィッグは自分でカットするのがおすすすめ
ウィッグが届いたときの確認とお手入れ
ウィッグが自宅に届いたときに確認しておきたいことと、その後のお手入れについて
ウィッグ購入といっしょに揃えておきたいもの
ウィッグだけでなくウィッグファッションを楽しむために欠かせないアイテムは最初から一緒に揃えておこう
姫カットならば、前髪ウィッグで
ちょっと幼く可愛い決めたい人のための姫カットウィッグは前髪ウイッグを用意するといいです。
ウィッグのメンテナンス
ウィッグを長く使うために欠かせないメンテナンスについて知っておきましょう
ウィッグのシャンプーの方法
ウィッグのシャンプーの仕方について。
ウィッグに負けないまつげにする
ウィッグにまつげが負けていたらちょっと台無し。だからマツエクするか、まつげ美容液でまつげを太く長く伸ばすとかして、ウィッグに負けない様にした方がいいのです。