ウィッグに負けないまつげにする

ウィッグに負けない印象のまつ毛にしよう

ウィッグで決めても、目に力が無いと、まけてしまいます。

 

だから目力を出して、ウィッグの派手さに負けないようにした方がいいのです。

 

もともと、お目目パッチリで、まつげも長ければいいのですが・・・

 

そうでない場合、ウィッグにまけてしまいます。

 

つけまつげという手もあるのですが、ウィッグ+つけまつげだと、いかにもお人形さんのようになってしまうので、不自然です。

 

アイラインらアイシャドウでもやっぱり化粧濃過ぎ感が出てしまうのです。

 

自然なあまり本数の多くないマツエクというのも一つの方法ですが・・・

 

結局繰り返していると自まつげを傷めて、つけずにはいられなくなってしまうので、あまりお勧めはできません。

 

一番いいのは何かというと・・・まつげ美容液がおすすめなんです。

 

30日以上かかってしまいますが、傷んだ自まつげを復活させてくれて、太く、しっかりさせてくれるのです。

 

自まつげですので自然ですので、違和感なくウイッグにも溶け込めます。

 

ふだんウィッグをつけない時でももちろん、自まつげをまついくしているわけですから問題ないわけです。

 

最近は、マツエクよりもまつげ美容液の方が長い目で見てよいという認識か高まっていると思います。

 

マツエクをやめてまつげ美容液を使う人がどんどん増えているのです。

ウィッグに負けないまつげにする関連ページ

ウィッグの前髪がそろいすぎで気になったらすくといい
前髪ぱっつんのウィッグは自分でカットするのがおすすすめ
ウィッグが届いたときの確認とお手入れ
ウィッグが自宅に届いたときに確認しておきたいことと、その後のお手入れについて
ウィッグ購入といっしょに揃えておきたいもの
ウィッグだけでなくウィッグファッションを楽しむために欠かせないアイテムは最初から一緒に揃えておこう
姫カットならば、前髪ウィッグで
ちょっと幼く可愛い決めたい人のための姫カットウィッグは前髪ウイッグを用意するといいです。
ウィッグのメンテナンス
ウィッグを長く使うために欠かせないメンテナンスについて知っておきましょう
ウィッグセミロングでポニーテールを作るには、バンスがいいらしい
バンスとセミロングウィッグを使えばポニーテールも上手に館多端にできるようになると思います。
ウィッグのシャンプーの方法
ウィッグのシャンプーの仕方について。