ファッション情報局|可愛い・ステキを求めて

安く手軽にイメチェンできるアイテム

ウィッグ

ウィッグは、副作用がほとんど考えられない、安全なファッションアイテムだから、イメチェンしたかったらマッチ先に導入すべきアイテムだと思いますね。

 

ロングの髪も切らずに、ショートウィッグで覆ってしまえるので、髪を切って後悔するというリスクなく、気ままに照射とに変身できるのがいいですね。

 

男性も実は、コスプレ以外出ウィッグを使う人が出てきています。

 

芸能人などだ向井おさむ君が使っているそうです。

 

カラコン

十代ピークに人気のカラコン。ドンキでも買えほど安いものが人気ですね。中には40歳代で使っている女性もいるようです。

 

目には危険という報告もあるので、いくら安く上げたいからと言って、しんようのないものを使ったりメンテナンスしないで使っていると、目を傷めるので注意は必要です。

 

でも簡単にイメチェンできるのは、女性でも男性でも人気のアイテムです。

 

コスプレ用といういう人もいるけれど、学校に着けいテクという強者もいますね。

 

瞳を大きく見せると印象が変わるので、色が黒や茶色のものが人気。

 

一番安全なのは、コストはかかってしまうけれど、ワンデーカラコンです。何につも使うものはしっかりとメンテしないと危険です。

 

マツエク、まつげ美容液

これもやっぱり目をパッチリ見せたいという気持ちからするものですよね。

 

ただしまっていた痛苦はだんだん下火になり、今は自まつげをしっかり伸ばすというまつげ美容液の方が注目度が上がってきています。

 

マツイクの方が自然であるのはもちろんですが、これも確実に伸びるまつげ美容液は、医療機関や個人輸入でしか手に入らなくて、副作用もあるものなので注意した方がいいですね。

初心者のためのウィッグのつけ方

ウィッグのつけ方はとても簡単なのですが、それでも全くの初心者にとっては、なかなかうまくつけられない事も結構あるようです。

 

まず、ウィッグよりも髪の毛が短くボリュームも挿してない場合は、頭の上に団子にしてまとめてしのってから、クリップでとめるだけですむでしょう。

 

そうでない場合は、ネットは必修です。ネットをつけずに、ウィッグをかぶせると、かなり盛り上がってしまうと思います。

 

ここで職階しているウィッグ通販サイトでは、たいていおまけで専用ネットがついているので、いいのですが、もっていない場合は、購入したほうがいいでしょう。

 

また、長い髪を切りたくないけれど、ショートカットにしたいという場合、ウッィグショートがいいわけですが、その時本ウィメンズクリンックとにロングの髪を全部かかみがはらしにしまえるのか心配する方がいます。

 

でもこれが結構簡単に収まるのです。逆に髪が少ないと、量の少ないウィッグだとボリュームが出ずにうすっぺらになるので、注意が必要です。

昔からある、おばあちゃんが使っていたような黒いネットでしたら、100円ショップにもあるのを見たことがあります。

髪をまとめてネットで覆ってしまうと、べったりするので、その上にウィッグをかぶせれば問題ないでしょう。

フルウィッグの場合は、まずネットを首まで落として、髪の毛を下側からネットで覆えるように、

持ち上げていって、おでこの生え際からしっかりネットでおおい、ネットを後頭部の方にもっていきます。

おでこと、耳わきの生え際で、ピンでとこ手固定します。

余った髪の毛は、均等に後頭部にまとめて、ネットでおおい、浮かないようにピンでとめれば、ウィッグの下地のできあがりです。